尾崎豊の発声 | 発声の分析

尾崎豊の発声

彼の歌は年代や性別を超えて人々の胸に何かを響かせます。

そして他ならぬ彼の生き様そのものを見て、考えさせられたり力をもらったりした人も多いのではないでしょうか。

彼は指導者であり、哲学者であり、エンターテイナーでありました。

そんな『若者のカリスマ』の発声にフォーカスしてみます。

参考 尾崎豊Wikipedia

 

尾崎豊の特徴

 

・振り絞った声
・はっきりした発音

広告

 

振り絞った声

 

尾崎さんは高い音程を出すときや、曲の後半では叫ぶように声を出しています。

「声が出にくくなってきた、出しにくい箇所だ。だったら力づくで出してやる」

という体育会系的な発想で歌っているように見受けられます。

こうして振り絞る様子や声は見る者に感動を誘う部分もありますが、喉にとっては危険な発声です。

そのため仮声帯を利用してノイズを作り、振り絞って声を出している風に演出すると良いでしょう。

仮声帯を強く閉めて、実声が埋もれるぐらいガラガラした声にしましょう。

また低音域のみ、響きが薄くならないようにするためか喉仏を少しだけ下げている気がします。

 

はっきりした発音

 

尾崎さんはとてもはっきりとした発音をされていますね。

なので、言葉一つ一つをハッキリと発音するように意識しましょう。

特に子音がはっきりしている印象です。

呼気をたくさん使うと、よりハッキリとした発音にしやすいです。

 

まとめ

 

・『叫び』を演出する際は仮声帯を強めに閉じる
・一音一音ハッキリと発音する