北川悠仁の発声

真顔で黙っているとイケメン。

音楽が鳴りだせば、踊りとタンバリンと雄叫び。

そんな素敵な北川悠仁さんの発声を分析します。

参考 北川悠仁Wikipedia

 

北川悠仁の特徴

 

・ちょっとハスキー

・熱い歌い方

広告

 

ちょっとハスキー

 

基本的に声がバリバリと割れるような、ガラガラとノイズが鳴る一歩手前ぐらいの状態の声ではないでしょうか。

ノイズが鳴る一歩手前な声のため、所々でノイズが鳴っていますね。

声帯を閉じ気味にして呼気を勢いよく多めに吐くと、ハスキーな声になります。

悠仁さんはめちゃくちゃハスキーというわけではないので、声帯をちょい閉じ、呼気ちょい多めぐらいで良いかと思います。

呼気を多めに吐くことで声帯が閉まりやすくなりますし、声帯が閉まりやすい状態であると、声帯に隣接する仮声帯も釣られて閉まりやすくなり、仮声帯が閉まりやすい状態であるとノイズが鳴りやすくなります。

(呼気と声帯の関係について詳しくは「ベルヌーイ 歌」「ベルヌーイ 声」などで検索してみてください)

あとは、朗々としたような、重々しい声ではないので、喉仏は下げないようにしましょう。

広告

 

熱い歌い方

 

声といっしょに汗も飛ばすような歌い方ですね。

決してクールな歌い方では無いかと思います。

映像を観ると分かりますが、口を目いっぱい開けて前方へ飛ばすように声を出しています。

各子音、各母音を発音する際の口の自然な形や舌の自然な動きを妨げず、むしろ大げさに動かすぐらいの心持ちで良いです。

平たく言えば、ハキハキと歌いましょう。

また、前述したように呼気を勢いよく多めに吐くことで、語頭に破裂音が乗りやすくなり、発音が強調されたように聴こえ、結果熱い歌い方に聴こえます。

 

まとめ

 

・声帯ちょい閉じ&呼気ちょい多め

・口や舌の自然な動きを邪魔しない