野田洋次郎の発声 | 発声の分析

野田洋次郎の発声

180㎝、帰国子女、慶応中退、超人気ロックバンドのボーカル。

まるで恋愛ドラマの主人公の恋敵のようなスペックですね。

よっぽどの善行を前世でしたのでしょう。

参考 野田洋次郎Wikipedia

広告

 

野田洋次郎の特徴

 

・フワフワした声
・冷静な歌い方

 

フワフワした声

 

胃に優しい声をされています。

どれだけ聴いても耳が疲れなさそうです。

決して暗い声ではありませんが、明るい声かと言われるとそうでも無いような、中立的な声質という印象です。

まず声が重くなるので喉仏は下げないようにしましょう。

また、口の開きを大きくすると明るい雰囲気になってしまうので、開きは小さめに。

あと声を前に飛ばさず口の中で留めておくイメージを持つと良いです。

声を前に飛ばす意識だとハイラリになりやすく、響きが硬く明るく鋭い声になってしまい、野田さん特有の柔らかさが損なわれてしまいます。

声帯はどちらかと言えば開き気味ぐらいにしましょう。

 

冷静な歌い方

 

フレーズやパートごとでダイナミクスや節回しにあまり変化を付けず、一貫して冷静な歌い方をされています。

音程の高いところや早口の部分でも呼気のスピードや量はほとんど変わっていません。

前項で記述しましたが、口の開きを小さめにすることがこの点を可能にする要因かと思われます。

発音に関しては子音が『g』『d』など強く発音しがちな音を、あまり強く出していないような気がします。

『g』や『d』に限らず、発音を一定に保つことでどんなフレーズでも安定した発声ができますし、ならびに早口なフレーズやブレスを入れる隙間の無いフレーズなどを攻略することができます。

要約するなら節回しやダイナミクス、発音などの諸々を一定に保つ意識を持ちましょう。

 

まとめ

 

・喉仏を上げず下げず、声帯はほんのり開き気味
・感情的・野性的にならないよう心掛ける