KENTAの発声

WANIMAの曲を聴くと気分が明るくなりますよね。

個人的には背中を押されるというより、腕を引っ張ってくれる感じです。

そんなWANIMAのボーカル、KENTAさんの発声を分析してみたいと思います。

参考 WANIMAWikipedia

 

KENTAの特徴

 

・ハスキーボイス
・明るい声質のハイトーン

広告

 

ハスキーボイス

 

一聴すれば分かる通り、ハスキーな声質ですね。

ハスキーボイスは声帯の閉鎖に対して、呼気の割合が多くなると発声できます。

なので呼気も基本的に多めかと思われます。

特に高い音を出すときは呼気の勢いも増していますね。

声帯もやや閉鎖させましょう。

閉じ過ぎると平泉成さんみたいな声になるので、あくまで適度に。

 

明るい声質のハイトーン

 

曇り気のない飛んでいくようなハイトーンが持ち味ですね。

喉仏は下げず、口角は上げましょう。

加えて極力裏声は使わずに、声帯の閉鎖感をキープしたまま出しましょう。

声帯の閉鎖をキープしたまま音程が上昇するにつれ、閉鎖が難しくなってきます。

それでも「この閉鎖具合をキープせねば!」と意識すると段々力が入り、結果隣接する仮声帯も段々閉じてきます。

KENTAさんの高い音のときのガリッとバリッとした声は、恐らくこの段々と閉じてくる仮声帯が鳴るためです。

また、映像を見ると基本的に顔は斜め上を向いています。

これも明るい声質を作る上で重要なポイントかもしれません。

 

まとめ

 

・呼気多めに、声帯も開けっ放しにしない
・顔を下げず、裏声に逃げず