Takaの発声

ONE OK ROCKのボーカル、Takaさん。

私たち男子の憧れ、Takaさん。

声だけで胸がキュンキュンしちゃいますね。

ということでTakaさんの声を分析してみましょう。

参考 Taka (ONE OK ROCKのメンバー)Wikipedia

 

Takaの特徴

 

・ちょっとハスキー
・軽めのトーン
・ヒーカップ
・英語っぽい発音
・ロックな声

広告

 

ちょっとハスキー

 

Takaさんと言えばちょっとハスキーな声してないでしょうか。

ちょっとウィスパーな、ちょっとエアリーなというか。

声を息で包んでる感じ。

これは声帯の閉鎖をちょっと強め+呼気を多めに流すことによって、ハスキーっぽさを出していると思われます。

声帯の閉め具合と呼気の量で、『ちょっとハスキー』から『かなりハスキー』まで表現できるので、Takaさんのハスキー量を探ってみてください。

 

軽めのトーン

 

Takaさんの声は『重い』か『軽い』かで言えば『軽い』方ですね。

なので喉仏は下げず、真ん中よりちょっと上のポジションで。

ただ、喉仏のポジションを「ちょっと上」で設定してしまうと、キーの高い部分に差し当たった際に喉仏が上がり過ぎてしまいます。

真ん中よりちょっと上というよりは、ニュートラルを維持するように意識すると良いかと思います。

広告

 

ヒーカップ

 

語尾を裏声にして抜くテクニックです。

B’zのボーカルの稲葉さんが多用してるやつですね。

逆に語頭が裏声になって音程が下降していく発声もTakaさんはかなり使用しています。

逆ヒーカップって言うのかな。

これもB’zのボーカルの稲葉さんが多用してるやつですね。

 

英語っぽい発音

 

「英語の発音を身につける」

これは発声と直接関係なさそうですよね。

ただ、英語を上手く発音するには、喉や舌が日本語を発声するときとは違う動きが必要なのです。

そしてその動きが発声にかなり影響します。

そしてそしてTakaさんっぽさを掴むには、英語の発音に伴う喉や舌の動きが不可欠です。

英語っぽい発音をする上でどういった部分を意識すればよいか挙げます。

声帯を閉鎖気味にすると英語っぽく聴こえます。

声帯をガバっと広げて「I have a pen.」と、少し閉鎖して「I have a pen.」と声に出してみてください。

恐らく少し閉鎖した状態の方がそれっぽく聴こえませんか。

喉っていうか声帯ですね。

広告

舌は後ろに引き気味にすると英語っぽい雰囲気になります。

日本語の発音はほとんど口先で作ることが多いので、日本人からすると結構異質な動きになりますが。

これもほんの少しだけで十分です。

なんでもかんでも後ろにググッと引いてはいけません。

ちなみに『R』の発音は舌を巻くより、舌を引く方が本物っぽくなります。

単語

英単語一つ一つの発音を聴いて、真似して練習しましょう。

と、言ったところでやってらんないですよね。

おすすめはアルファベットの文字一つ一つの発音を練習することです。

A・B・C・D…Z、と一つずつ。

BとVの違いとかNとMの口の動きなど一つずつおさらいすることで、今まで曖昧にしてきた英単語の発音もはっきりするからです。

100万語以上ある英単語の発音一つ一つを練習することに比べれば、アルファベット26文字の発音を練習するなんて朝飯前ですね。

もちろん各英単語の練習も必要です。

単語特有の発音があるので。

1音に対して複数音

文字だけでは説明が難しいので、動画を引用します。

『The Beginning』の歌いだしで言うなら、日本語的な発音だと「ジャス・ギー・ミー・アー・リー・ズン」の6つの音ですね。

でも英語的な発音だと「ジャストゥ__ミー_アー_リー_オン」みたいになります。(カタカナで表記するのは無理がありますね…)

1つの音に対して発音するカタカナの数が、日本語的な発音に比べて多くなるわけです。

さらに英語的な発音だと1音目の終わりに2音目の頭が少し入って、2音目の終わりに3音目の頭が入って…

という風に音の区切りが曖昧になります。

なので音を繋げる・単語を繋げるっていう発想で発音をすると上手くいきます。

このように1音に対して複数の音を入れると本物の英語っぽく聴こえるし、ひいてはTakaさんっぽさが出ます。

そして何より日本語の発音でも、英語っぽい発音を取り入れると、よりTakaさんに近づけます。

広告

 

ロックな声

 

Takaさんと言えばロックな声ですね。

あの『ガリッ』と言うか『ザラッ』っとした声。

ロックな声って呼称が定まってないんですけど、一般的には『エッジ声』とか『がなり声』とか『シャウト声』とか『歪み声』とか。。。

あと何かありましたっけ。

 

Takaさんのロックな声は主にハイトーンの時に出てきますね。

ロックな声は『仮声帯』を閉じると発生します。

仮声帯は閉じ具合でプチプチからガリガリまで幅広く表現できるので、Takaさん的ガリガリを探ってみてください。

個人的にはTakaさんガリガリは【実声80%+ガリガリ20%】ぐらいの感覚です。

あんまりガリガリさせ過ぎないのがポイントです。

実声をメインに出すつもりで、ガリガリは掛けるというよりは掛かっちゃう感じで。

あくまでアクセント的な感じで出すと良いですね。

 

まとめ

 

・声帯の閉鎖をちょっと強め&呼気多め
・喉仏をニュートラルポジションでキープ
・隙あらば瞬音の裏声を入れる
・英語の発音をがんばる
・ここぞという時に仮声帯を閉めて声をロックにする