尾崎世界観の発声

尾崎世界観。

字面だけで見るとなんかすごい。

人なのか物なのか、有機物なのか無機物なのか、想像がつきません。

参考 尾崎世界観Wikipedia

 

尾崎世界観の特徴

 

・独特なセカイカンハイトーン

・母音が「い」のとき「え」が混じる

・巻き舌

広告

 

独特なセカイカンハイトーン

 

独特ですよね。

ハイトーンに限らず、低音域や中音域においても独特な方だと思います。

まず喉仏を上げまくりましょう。

これだけでもかなり尾崎さんっぽくなります。

低音域においても、決して喉仏は下げないようにしましょう。

また、基本的に声帯は閉じ気味にすると良いかと思います。

声帯を開くと息っぽさや温かみや柔らかさが出てきますが、尾崎さんの声はそうした性質とは逆で鋭く硬い感じです。

 

母音が「い」のとき「え」が混じる

 

母音が「い」のとき、若干ではありますが「え」が混じっていないでしょうか。

例えば1番で言うと、

歌いだし「ちさな約束も」

Bメロ「嬉しいだけじゃ不安だし

サビ前「優しいだけじゃ意味無いし

辺りが分かりやすいでしょうかね。

Bメロの「愛しいだけじゃ足ないし」なんかは「え」が混じるというより、「足」に聴こえます。

恐らくですが母音が「い」のときに、口を縦に開いているからかと思われます。

このことは映像を観ると分かります(特に2番サビ前が分かりやすいです)

 

低音域やサビの高音域においてはこの特徴は見られず、換声点辺りの声が裏返るかどうかの音域で「え」混じりが発生しています。

低音域においては声が裏返ることはほぼ無いでしょうし、高音域においては声を裏返しっ放しで歌えるためです。

また、誰しも経験があるかと思いますが、母音が「い」のときが最も声が裏返りやすいです。

そして実践してもらえれば分かりますが、「え」を足すと裏返り防止に多少作用します。

なので、声が裏返りそうな音域で母音「い」に当たったら、「え」を足して声の裏返りを防ぎましょう。

広告

 

巻き舌

 

子音が「ら」のとき、巻き舌にしていますね。

どこが巻き舌にしているかなんて、いちいち言うまでもなく。

音域に問わず巻いているので、「ら」行は基本巻くようにしましょう。

いちいち言うまでもなく。

 

まとめ

 

・喉仏上げ&声帯閉め

・声が裏返りそうな音域で母音が「い」が出てきたら、「え」を足す

・「ら」行の音は基本舌を巻く