ROYの発声

日本のロックバンド界において、稀有な存在として地位を確立しております、THE BAWDIES。

良い意味で日本人っぽくない楽曲や演奏、ビジュアルやパフォーマンスのためか、日本のみならず海外でも支持されています。

参考 THE BAWDIESWikipedia

 

ROYの特徴

 

・ダミ声

・喋るような歌い方

・ちょいちょい瞬音裏声挿入

・吐くようなシャウト

広告

 

ダミ声

 

鋭くてちょっと枯れてて、味のあるダミ声ですね。

ダミ声とは言えしゃがれた感じというよりは、朝市の競りのおじさんとか浪曲師が出すようなダミ声に近い感じ。

喉仏を上げて声帯を閉じ気味にすると、ROYさんのようなダミ声になります。

また、語頭にノイズが乗っていることが多く、逆にフレーズの途中はクリーンな場合が多いように聴こえます。

なので、ノイズを鳴らしたいところ(概ね語頭)で仮声帯をちょっと閉めて、ノイジーなスパイスを歌にまぶしましょう。

 

喋るような歌い方

 

歌いだしからして、リズムを崩した歌い方をされています。

なんとなく「歌う」というよりは「喋る」感じで、サビ以外は大体そんな歌い方です。

「喋るように歌う」というのがよく分からない場合は、後ノリを意識して歌ってみましょう。

後ノリにするだけでも、少しは「喋る」感を演出できます。

 

また、ただの喋り方ではなく、ちょっとねっとりした喋り方のような気がします。

ということで、語頭で少しだけしゃくるイメージを持って歌ってみましょう。

スッとストレートに発音するよりも、ROYさんっぽさを体感できます。

広告

 

ちょいちょい瞬音裏声挿入

 

Aメロ「What we’re waiting for」

Bメロ「Don’t have to move your head」

Bメロ「Oh, Do it just shake your hips」

サビ(01:49~)「Shake your hips, Shake it」

サビ終わり「Do the hip shakin’ baby(bay b-e-e-y)」

曲終わり「イエーー」

などなど、一瞬裏声→地声という歌い方をよくやっているように思います。

いわゆる「ヒーカップ」ってやつですね(「ヒーカップ」が語尾を裏返すことのみを指すならば、語頭を裏返すのは「逆ヒーカップ」とでも言いましょうかね)

一瞬裏声→地声が上手くできない場合は、ゆっくりと歌ってみましょう。

テンポを落とすと一瞬裏声→地声がやりやすくなります。

 

吐くようなシャウト

 

ギターソロの直前で、「ウワァーーー」とゲ〇吐き出すようなシャウトをしています。

〇ロって言うのは少々不適切かもしれませんが。

このシャウトは、

一、息を吐き続けながら、息を止める

二、恐る恐る、ゆっくりと「ア」を発音する

以上の手順で、近いものが発声できます。

びっちり閉じた声帯の隙間に声を通す感じです。

ギチギチとしたノイジーな声が出せたら、段々と呼気を増やしてノイズを大きくし、「ウワァーー」と発音しましょう。

デスボイスの見地で言えば、フライスクリームと近いように思います。

広告

 

まとめ

 

・喉仏上げ気味&声帯閉じ気味&語頭仮声帯閉め

・後ノリ&しゃくり

・語頭で逆ヒーカップ

・息止めながらゆっくり声出す→ROYさんシャウト