竹原ピストルの発声

業界内(特にお笑い芸人かな)にファンが多い竹原ピストルさん。

男らしく泥臭く汗臭い歌声、ガテン系の風貌、それらに反して素朴な雰囲気が滲み出る人柄のギャップがたまりませんな。

見た目だけで言えばホント親方とかアニキとか店長って感じですよね。

参考 竹原ピストルWikipedia

 

竹原ピストルの特徴

 

・ハスキーボイス

・ビブラートと同時に顔が揺れる

広告

 

ハスキーボイス

 

ハスキーボイス、またはかすれ声ではないでしょうか。

ピストル兄さんボイスの最大の売りと言えますかね。

そもそもハスキーボイスの持ち主は、なぜハスキーなボイスが出てくるのか。

参考 ハスキーボイスWikipedia

wikiの内容を要約して言うならば、「普通の喉、普通の状態ではハスキーな声は出ない」ってことでしょうか。

つまり「普通の喉」の持ち主では、ピストル兄さんのようなガチハスキーボイスを出すのは中々難しいと言えます(軽度なハスキーさは誰でも出せると思います)

とはいえ「俺もピストル兄さんみたいな声を出したい」という人は、まずは声帯を普通よりも閉じ気味にして歌いましょう。

これだけでもハスキー感が出ます。

 

加えて喉の奥を広げて太い声を作りましょう。

喉仏を下げてもいわゆる太い声にはなりますが、喉仏を下げた太い声では無いように思います。

下に広げず、上と横を広げる意識を持ちましょう。

喉の奥を広げる感覚が掴みにくい場合は、口の開きを横気味にするイメージと、舌を少しだけ後ろに引いた状態をキープするイメージで歌ってみてください。

または、ほんの少しだけ開鼻声にする感じで。

 

それとピストル兄さんは声を張ったときや高い音を出したときに、声が若干割れているように聴こえます。

そうした部分では仮声帯を閉めてノイズを作りましょう。

バリッバリに声が割れているわけではないので、仮声帯への意識はちょっとでよいです。

広告

 

ビブラートと同時に顔が揺れる

 

ビブラート自体に特段変わった点はありませんが、ビブラートの波に合わせて顔が揺れています。

映像で分析するに、ビブラートを掛ける際に結構な力みが生じ結果顔が震える、というプロセスのように思います。

意図的ではないでしょうね(根拠は無いけども)

無理に力んで顔を震わせる必要は無いかと思いますが、人前でピストル兄さんのものまねをする際は、意図的に顔を揺らすと良いでしょう。

 

まとめ

 

・声帯閉じ&喉の奥を広げる

・ビブラートの波に合わせて顔を震わせる