Toshiの発声 | 発声の分析

Toshiの発声

X JAPAN。

メンバー一人一人がスター性を持った伝説的なバンドですね。

そんな伝説のバンドのボーカリスト、Toshiさんの発声を分析します。

正確に言えばToshiさんではなくToshlさんですけども。

参考 ToshlWikipedia

 

Toshiの特徴

 

・ナイフのような声

・パンクな歌い方

広告

 

ナイフのような声

 

太いハンマーのような声、というよりは鋭いナイフのような声じゃないでしょうか。

鋭くて芯の硬さがあるような印象です。

ということで基本的に喉仏を下げようとせず、どちらかと言えばちょっと上ぐらいにしておくと良いかと思います。

ただし「静寂の凶器に片目を潰されたまま」や「偽りの真珠で飾った薔薇の花束を探す」などの低音域においては、少しだけ喉仏を下げているように聴こえます。

そのほかの特徴として、高音域になると声がガリガリと鳴っていますね。

なので、中音域からは仮声帯にうっすらと力を入れておきましょう。

中音域の段階で仮声帯に力を入れておくと、高音域に差し掛かった時に勝手に、且つ良い具合にノイズが生まれます。

あと声帯はしっかりと閉じて、その閉鎖具合を音域に関わらずキープするようにしましょう。

低音域や中音域での声帯の閉鎖具合のまま高音域にいくと、仮声帯が閉じやすくなります。

また、呼気の量や勢いを一定に保とうとすると声帯の閉鎖具合をキープしやすくなるので、この点も意識すると良いかと思います。

広告

 

パンクな歌い方

 

Toshiさんはしゃくりやヒーカップ、ビブラートやフェイクなどの装飾的なテクニックを全くと言っていいほど使っていませんね。

音楽的なジャンルで言えばHR/HMですが、歌い方においてはパンクスタイルに分類されるのではないでしょうか。

なのでできるだけそうしたテクニックは使わずに、まっすぐ歌う意識を持ちましょう。

普段諸々のテクニックを使っていて癖になっている場合、ここまでストレートに歌うのって逆に難しいかもしれません。

あと若干ではありますが、全体的に前ノリな気がします。

この点もパンクっぽさがうかがえますね。

 

まとめ

 

・基本的に喉仏上げ気味&仮声帯に緊張感を持たせる

・装飾を極力入れない