西島隆弘の発声

にっしー♡

にっしーの声はにっしーにしか出せない声ですよね。

にっしー以外にこんな声の人いないもん。

そんな唯一無二の声を持つにっしーの声を分析してみます。

参考 西島隆弘Wikipedia

 

西島隆弘の特徴

 

・クリスタルボイス
・R&Bっぽさがほんのり
・あごを動かしながらビブラート

広告

 

クリスタルボイス

 

淀みが全く無い、抜けの良いクリアな声質をされていますね。

形容するなら透明度の高いクリスタルのような声です。

話声からしてあの声なので、にっしー以外の人間がにっしーボイスを出すのは不可能に近いです。

にっしーに「どうやって声出してるの?」と聞いても、「普通に歌ってるだけだよ」と返ってきそうです。

 

にっしーのクリスタル感は「キーン」と響かせる部分を作るのが鍵と睨んでいます。

『出逢いのチカラⅢ』で言えば、サビの「出逢のチカラで、めぐ会えたから 心に浮かぶ想出は」など。

他の部分に比べて「キーン」というか「ツーン」というか「ビーン」とした響きになっていないでしょうか。

02:59からの覚醒後は全体的にキーン度が上がりますが、その中でも特に「そっと手を繋で」がキーンとしているように聴こえます。

要約すると、

・音程が高め
・母音が『イ段』
・声量を上げる

以上の条件が揃うとキーンが発生しやすくなります。

そのほか体感的に追加条件として、

・喉仏は上げ気味に

・少しだけ開鼻

も加えるとよりキーンさせやすいです。

上記の条件はキーンしやすいというだけで絶対条件ではありません。

01:24の「伝てくるんだ」は母音が『エ段』ですがキーンしています。

ただ、この箇所は「母音が『イ段』」以外の条件が当てはまるので、キーンしているのではないかと。

 

ちなみにキーンは、専門的な用語で言えば『シンガーズフォルマント』というものでないかと個人的に認識しています。

動画ではシンガーズフォルマントの例がほとんど無くどんな声か分かりにくいですが、シンガーズフォルマントの仕組みや原理は分かるかと思います。

広告

 

R&Bっぽさがほんのり

 

母音と子音を分離させたり、語尾に細かい音符の動きを足したりとR&B的な要素を全体的に散りばめています。

ただし、リズムや譜割りはほとんど崩していません。

こうすることで、R&B感を感じさせつつ押し付けがましくない、心地の良さが形成されているのではないかと思われます。

なので大枠を保ったまま枠内で自由に歌う感覚を持つと、にっしーのような丁度良い加減を演出できそうです。

 

あごを動かしながらビブラート

 

ビブラート掛ける際、程度には差がありますがあごを一緒に動かしています。

ビブラートの出し方の方法の一つとして、「母音を連続で速くレガートで発音する」という方法がありますが、あごを動かすことでこの方法のビブラートがやりやすくなります。

また、母音を都度発音する意識で出すビブラートなので、クレッシェンド・デクレッシェンドを効かせやすいです。

実際に03:28からのロングトーンでは段々と強い「え」を発声することで、クレッシェンド感を演出しています。

ただし強い音を出そうとすると、一音一音をはっきりと発声してしまいがちになります。

一音一音をはっきり発声してしまうとレガートが難しくなり、滑らかさの無い切れ切れなビブラートになってしまいます。

03:28からのロングトーンでのビブラートも後半の強い「え」が並ぶことによってレガートが困難になったためか、段々と「ぅえ」になっています。

恐らくですが、あのまま強い「え」だけを並べると「え・え・え・え」と切れ切れになってしまうので、「ぅ」を加えて隙間を埋めようしているのではないかと思いました。

「ぅ」の追加は無意識だと思いますが。

広告

 

まとめ

 

・「キーン」させる
・R&Bっぽい歌い方をしつつもリズムはタイトに
・ビブラートの速さや強さはあごの動きで調節