閉鼻声と開鼻声

鼻から声や息が抜けなさ過ぎる声を閉鼻声、抜け過ぎる声を開鼻声と言います。

それぞれ特徴的な性質を持っているので、声色を大きく変える際に役立ちます。

健康的な状態では自然に出てこない声ですが、工夫すれば発声できます。

ここではそれぞれの声の出し方を書いていきます。

広告

 

閉鼻声

閉鼻声を使った歌声の例

良く言えば厚みのある声、悪く言えばフガフガした声ですね。

こうした声は閉鼻声である可能性が高いです。

 

閉鼻声の出し方

①がなり声を出す

がなり声の出し方については下記のページを参照してください。

エッジ・がなり・仮声帯

②『がなり』を取る

「ア゛ーーーー」→「アーーーー」

ゴリゴリした『ア』から、『ナ』が混じったような『ア』になります。

 

ちなみにがっつり閉鼻させると、山寺宏一さんが演じるスティッチっぽい声になります。

広告

 

開鼻声

開鼻声を使った歌声の例

冒頭を聴いてもらうと分かると思いますが、いわゆる鼻に掛かった声が開鼻声です。

ヴィジュアル系のボーカリストに多いイメージがあります。

 

開鼻声の出し方

①「こんにちは」と声に出す

こ・ん・に・ち・は。

②各文字の前に『ん』を入れる

んこ・ん・んに・んち・んは。

③『ん』をできるだけ短くする

こ・ん・に・ち・は。

 

③の感覚で上記動画の雪の華をGacktさんと一緒に歌ってみてください。

かーおー」と。

恐らく近しい声になったのではないでしょうか。

慣れたら『ん』を付ける意識を捨てていきましょう。

 

ちなみに

 

開鼻声、閉鼻声それぞれができているかどうか確認するために、それぞれの声を出している最中に鼻をつまんでみましょう。

閉鼻声を出している最中に鼻をつまんでも声がほぼ変わらなかった場合は、閉鼻声ができていると言えます。

また、開鼻声を出している最中に鼻をつまんだとき、声が出なくなれば開鼻声ができていると言えます。

 

まとめ

 

・がなり声からがなりを取る→閉鼻声
・発音したい言葉一文字ずつの前に短い『ん』を挿入→開鼻声

広告