開鼻声と閉鼻声 | 発声の分析

開鼻声と閉鼻声

鼻から息が抜け過ぎる声を開鼻声、抜けなさ過ぎる声を閉鼻声と言います。

それぞれ特徴的な性質を持っているので、声色を大きく変える際に役立ちます。

健康的な状態では自然に出てこない声ですが、工夫すれば発声できます。

ここではそれぞれの声の出し方を書いていきます。

広告

 

開鼻声

開鼻声を使った歌声の例

ジャズやカントリー、ブルースなどのジャンルでは開鼻声が多く見られます。

また、黒人に開鼻声を使う人(または地声が開鼻気味の人)が多い印象です。

開鼻声の利点は声が太くなることでしょうか。

個人的な感覚ですが、横に広がりを持たせることができます。

反面、高域がコンプレッションされたようなのっぺりした音質になり、フガフガしたような声に聴こえます。

高音域になればなるほど顕著になります。

 

開鼻声の出し方

①がなり声を出す

がなり声の出し方については下記のページを参照してください。

エッジ・がなり・仮声帯

②『がなり』を取る

「ア゛ーーーー」→「アーーーー」

ゴリゴリした『ア』から、『ナ』が混じったような『ア』になります。

 

ちなみに開鼻声の仕組みは、『軟口蓋』という口腔上部にある柔らかい部位(のどち〇この周り)を下げて、鼻への入口を大きくし、声を鼻へ多く通すことで生じる声のようです。

軟口蓋の下げ具合によって色々な開鼻声が出せるので、色々な下げ具合を試してみましょう。

広告

 

閉鼻声

閉鼻声を使った歌声の例

冒頭を聴いてもらうと分かると思いますが、いわゆる鼻声が閉鼻声です。

閉鼻声の効能は甘い声になることでしょうか。

ただし度が過ぎると、車掌さんみたいな声になってしまいます。

 

閉鼻声の出し方

①「こんにちは」と声に出す

こ・ん・に・ち・は。

②各文字の前に『ん』を入れる

んこ・ん・んに・んち・んは。

③『ん』をできるだけ短くする

こ・ん・に・ち・は。

 

③の感覚で上記動画の雪の華をGacktさんと一緒に歌ってみてください。

かーおー」と。

恐らく近しい声になったのではないでしょうか。

慣れたら『ん』を付ける意識を捨てていきましょう。

 

ちなみに閉鼻声の仕組みは開鼻声と対で、『軟口蓋』を上げて、鼻への入口を狭くし、声を鼻へ通さないことで生じる声のようです。

 

まとめ

 

・がなり声からがなりを取る→開鼻声
・発音したい言葉一文字ずつの前に短い『ん』を挿入→閉鼻声

広告