桜井和寿の発声

 

詞良し、曲良し、歌良し、なによりセールス良し、なバンドと言えばMr.Childrenですね。

能力をレーダーチャートで見たら死角が無いようなバンドです。

そんな完全無比バンドMr.Childrenのボーカル、桜井和寿さんの発声を分析してみます。

参考 桜井和寿Wikipedia

 

桜井和寿の特徴

 

・高域が強めな声質
・語尾で息が溢れる

広告

 

高域が強めな声質

 

良く言えば抜けの良いシャープな声をされていますね。

悪く言えば細くて上ずったような声に聴こえます。

なのでハイラリ気味にすると桜井さんの声に近づけるかと思います。

喉仏を下げることはほぼ無いかと思われます。

また、顔の向きは基本的に水平か、水平よりちょっと上にしましょう。

並びに高域の強さが損なわれるので、「ウ」や「オ」の母音の時はあまり口を尖らせないようにしましょう。

 

語尾で息が溢れる

 

フレーズの終わりで息が溢れている場面が多々見受けられます。

「出会った日とー(ブハァ」

「同じようにー(ブハァ」

みたいに。

フレーズの終わりによく顔を横に向けていますが、アレは恐らくこの「ブハァ」をマイクに乗せないためです。

声帯をかなり閉鎖するとこの現象が起きますね。

なので声帯はがっつり閉じましょう。

 

まとめ

 

・ハイラリ気味
・声帯をかなり閉鎖させる