松崎しげるの発声

日本人とは思えないほどのソウルフルさ。

日本人とは思えないほどの黒さ。

そんな彼を巷ではこう呼ぶ。

”日本人初の黒人シンガー”と。

参考 松崎しげるWikipedia

 

松崎しげるの特徴

 

・ソウルフルな歌声

・タメ気味のリズム

・語尾はフェードアウトが多い

広告

 

ソウルフルな歌声

 

清涼さとはかけ離れた、脂がたっぷり乗った肉厚な声じゃないでしょうか。

まさにソウルフル。

基本的に全体を通して息っぽい気がするので、呼気をたくさん出すようにしましょう。

並びに声がとても太いので、特に高音域においては喉仏をがっつり下げましょう。

後述するタメ気味のリズムと関連しますが、発声の動作から実際に音が鳴るまでのラグが多い事から、呼気の力で喉仏を下げている様子がうかがえます。

また、高音域においては口の開き方が縦気味になっている点も、喉仏を下げようとしている現われかと思われます。

難しいかもしれませんが、どの音域においても声を胸に響かせるイメージを持つとしげるさんのような太い声が出せます。

同様に高音域に差し掛かるほど、開鼻させていくと”しげる”ことができます。

サビにおいては全体的にですが、「かぎりない喜びよ」や「あーなたは教えてくれる」あたりが特に開鼻っぽさが分かりやすいです。

 

タメ気味のリズム

 

基本的に後ろにタメたリズムじゃないでしょうか。

歌いだしあたりはタメ気味どころか、朗読とでも言わんばかりにリズムを崩しています。

テンポや拍よりは情感や歌詞を優先させる、いわゆるブルージーな歌い方ですね。

「歌う」というよりは「語る」「詠む」ような感じ。

しげるさんは黒人音楽に大きな影響を受けたそうなので、このようなブルース的な歌い回しになりやすいのかと思います。

また、サビの特に高い音(サビの「あなたは教えてくれる」や最後の「アーアーアアアーアー」など)の発声前には、呼気を溜めて一気に放出し、しゃくるように発声する挙動が見受けられます。

この呼気を溜める挙動の分、ワンテンポの遅れが発生し、結果タメ気味になっている部分もあるかと思います。

広告

 

語尾はフェードアウトが多い

 

語尾の処理として、呼気を残して声量を落とすような処理が多くないでしょうか。

Aメロあたりにおいては裏声にして消えいるようにフェードアウトさせています。

高音域が続くサビにおいてもAメロほどフェードアウト感はありませんが、ほとんどブツ切りさせていることは無いような気がします。

 

まとめ

 

・呼気をたくさん使う

・胸に声を響かせるように意識する

・開鼻させて声に太さを足す

・とりあえず後ノリ

・語尾は軽めに発声する