岩沢厚治の発声

厚ちゃんはビールが大好き。

厚ちゃんはヘビースモーカー。

厚ちゃんは話し声が低め。

だけど厚ちゃん、歌声めちゃめちゃ高い。

そんな厚ちゃんの発声を分析します。

参考 岩沢厚治Wikipedia

 

岩沢厚治の特徴

 

・突き抜けるハイトーン

・クセの無い歌い方

広告

 

突き抜けるハイトーン

 

スコーーーンと突き抜けるような、どこまでも遠くへ飛んでいくような声じゃないでしょうか。

ドヨ~ンとかズーンというよりは、スカッとしてカキーン!て感じ(どういうこっちゃ)

ドヨ~ンとかズーンにならないように、喉仏は下げないようにしましょう。

むしろ上げ気味で。

ただし喉仏を上げると声帯がギチギチに閉じやすくなってしまい、声が細くなったり聴き苦しい音質になったり、ひいては自分自身が苦しくなってしまいます。

かといって声帯をガバガバに開けると芯がぼやけて、厚ちゃんのような硬い声にはなりません。

声帯はちょっと開けるぐらいが良いです。

 

呼気に関して言えば、語頭に破裂音や爆発音がそれなりにマイクに乗っているので、「呼気の勢いを抑えよう」という意識は無いかと思いますが、フレーズの途中途中を聴くとあまり息を吐いていないようにも聴こえます。

また、「低音域は息の量が少ない、高音域では息の量が増える」といったことも無く、どのような音域やフレーズでも呼気の勢いや量が変わらず安定しているように思います。

なので「呼気をできるだけ少なくしよう」というよりは、「呼気を吐き過ぎないようにしよう」かつ「呼気の量を一定に保とう」という意識を持つと良いかと思います。

広告

 

クセの無い歌い方

 

厚ちゃんの歌声にはしゃくりやフォール、ヒーカップやこぶしなどの味付けはほぼ見受けられません。

所々でビブラートが掛かっていますが、本人としては恐らく「掛けている」というよりは「掛かっている」状態かと思われます。

基本的にストレートな歌い方なので、聴いてる側からすれば変に耳に付く部分が無いので、聴きやすい歌い方とも言えます。

一言でまとめるならシンプルな歌い方ですかね。

「オレは”声”だけで勝負してやるぜ!小手先のテクニックならいらねぇぜ!」という気持ちで歌うと良いかと思います。

 

まとめ

 

・喉仏上げ気味+声帯ちょい開き

・呼気は”吐き過ぎない&一定量キープ”

・シンプルな歌い方を心掛ける