ISSAの発声

”茶”一族の長男、ISSAさん。

歌って良し、踊って良し、歌いながら踊って良しの、稀有なミュージシャンですね。

参考 ISSA(歌手)Wikipedia

 

ISSAの特徴

 

・バランスの良い声

・細かいビブラート

・ハッキリした発音

広告

 

バランスの良い声

 

軽すぎず重すぎず、明るすぎず暗すぎず、とてもバランスのとれた声ですね。

レーダーチャートで表すと死角が無い感じ。

なので、喉仏は真ん中あたりをキープするように意識すると良いかと思います。

所々語尾で息が溢れているので、声帯は普通よりも少しだけ閉じ気味に。

 

そして何より振り絞ったり苦しそうな様子が見えないことから、本人としては楽に無理をせず声を出しているようです。

そもそも声を出すことに無理があると、ダンスに影響が出ますし。

このことから、声を張りすぎたり息を吐きすぎたり口を大きく開けすぎたりしないようにしましょう。

ただし語頭で息の破裂音が聴こえることが多いので、呼気の勢いは無理やり抑えることはないです。

リラックスして自然に歌うように心掛けることが、ポイントになりそうです。

声を出すこと、踊ること、両方に無理が無いようにすることで初めて、高いクオリティの歌と踊りを同時に表現することができるわけですね。

広告

 

細かいビブラート

 

一般的なビブラートに比べて、波が細かいですね。

どのような箇所でも、揺れ幅や深さなどの要素が一定です。

ただしサビ締めの「thunder party night!」のような高い音(hiC#)で且つロングトーンなところでは、掛けなかったり一瞬だけ掛かったりしています。

このことから、ISSAさんのビブラートはちりめんビブラートかと思われます。

自分ができうるビブラートで、ISSAさん並みの細かいビブラートが出来ない場合は、ちりめんビブラートにしときましょう。

 

ハッキリした発音

 

何を歌っているか分かりやすい発音ではないでしょうか。

各子音・各母音の動きに伴う口や舌の動きを阻害しないことで、聴きとりやすい発音ができるようになります。

子音や母音をしっかり発音することを基本として、

「けもののよなひとみねーらいをさだめてごおー」

「うまれかわるこんやはじけるー」

などのように、ちょいちょいねっとりさせて歌うと、よりISSAさんっぽくなるかと思います。

広告

 

まとめ

 

・喉仏は真ん中、声帯は少し閉じ気味

・無理に声を出さない

・とりあえずちりめんビブラート

・口や舌を解放する