ささきいさおの発声 | 発声の分析

ささきいさおの発声

『ナイスガイ』という言葉が似合う、ささきいさおさんです。

デビュー当時は歌が下手だったそうで、相当の研鑽を積まれたようです。

そのときの努力を現在に至るまで継続されているのか、いくつになってもその歌声は褪せることはありません。

ちなみにスタイルも昔のスマートな体形をキープされています。

ただし髪の毛の方は……

参考 ささきいさおWikipedia

 

ささきいさおの特徴

 

・力強い低音
・甘い声
・波打つダイナミクス

広告

 

力強い低音

 

歌いだしの一音目から力強い低音を発せられています。

出だしの音(mid1A)を普通の出し方で鳴らしても、ささきさんほど響く低音にはならないですね。

ささきさんのように響かせるには『イイ声』を出す必要があります。

この『イイ声』の出し方ですが、

①エッジボイスを出す

プチプチと音が鳴りますね。

②喉仏をできるだけ下げる

プチプチからブリブリとした音になります。

この時点でとても低く聴こえる低音になるかと思います。

③エッジを取る

声を少しだけ前に押し出すようなイメージで。

エッジが取れてよく響く『イイ声』になりませんか。

あとは色んな音域や声量で『イイ声』の練習をしましょう。

この手順で作られた低音は、オペラのバスやバリトンの人が使う声に非常に似ています。

 

甘い声

 

低音では『イイ声』を発声されていますが、高音になるととろけるような甘い声になります。

ちょっとだけ閉鼻気味にするとこうした甘い声が得られます。

 

波打つダイナミクス

 

ささきさんはダイナミックにダイナミクスの変化を付けています。

ダイナミクスの付け方の傾向として、

フレーズ頭 >>>間<<< フレーズ終わり
※大なり記号がデクレッシェンドで、小なり記号がクレッシェンドだと思ってください。

が多いです。

語尾がデクレッシェンドする箇所もいくつか見られます。

また、語頭は上述したイイ声発声がほとんどです。

細かいことは置いといて、音量の変化はたくさん付けるようにしましょう。

 

まとめ

 

・低音や語頭は『イイ声』を使う
・甘い感じを聴かせたいところはちょい閉鼻声
・ダイナミクスの変化を意識的に付ける