西川貴教の発声

参考 西川貴教Wikipedia

 

西川貴教の特徴

 

・パワフルな西川節

・鳴き声のようなシャウト

広告

 

パワフルな西川節

 

西川さんと言えばあのパワフルな声。

と言いたいところですが、あのパワフルさは声そのものというよりも、歌い方にあるのではないかと考えています。

ということで、西川さんの歌い方について抑えるべきポイントを挙げていきます。

ベースとなる声

歌い方について述べる前に、基本的な発声をまず見ていきます。

まず、発音が強めなことやしゃくりが多いことから、呼気の勢いが強め且つ多いかと思います。

その結果、呼気の力によって勝手に声帯が閉まっているようです。

なので本人は恐らく特段声帯を閉めよう、という意識は持っていないかと思われます。

また、彼の声はハイラリにもロウラリにも聴こえないため、喉仏の位置は真ん中辺りをキープすると良いでしょう。

スタッカートの多用

ハッキリした発音のためか、音の繋ぎがスタッカート気味なことが多い気がします。

試しにzipsの歌いだしを、下記の中黒の部分をスタッカートにして歌ってみてください。

「や・み・くーもにーお・そ・れ・ひぃ・ざーをーだくー」
「ち・が・うーでしょーそ・こ・は・わ・ら・うーと・こーろー」

どうでしょう。

西川さんっぽくなりませんか。

ただしスタッカート具合は毎回同じではありません。

例えば上記のzips歌いだしの「ひぃ・ざーを・だくー」の「ひぃ」はスタッカートとレガートの中間ぐらいです(そのため「ひ」と表記しました)

このスタッカートを、もっと平たく言えば歯切れの良い発音を意識すると良いかと思います。

西川節の最大の特徴と言って良いかもしれません。

広告

全体的に発音が強め

全体的に子音(母音のみの場合は母音)の発音が強めではないでしょうか。

映像を観ると分かりますが、口の開き方が大きいことが要因かと思われます。

なので発音に伴う口の自然な動きにはできるだけ逆らわず、むしろ大げさに動かす意識を持つと良いでしょう。

特にフレーズの頭ではしゃくる意識を持つと、強い発音感を演出できます。

ただし全体的に発音が強いとはいえ、逆に子音をあまり発音せず流す場合もあります。

例えば魔弾の歌いだしの、

「最近途絶えがちだっ電話を 放っおいて自爆して」

赤字部分は子音のTをほとんど発音せず、次の子音(または母音)にすぐさま繋げるように歌っています。

魔弾のサビだと、

「早くどめを刺してよ 後悔ばかりチの悪い」

あたりも子音が弱目です。

zipsも確認したところ、子音がTのところで発音が弱い箇所がいくつか見受けられました。

このことから子音がTの場合、他の発音に比べて弱くなる傾向があるようです。

もちろんTをしっかり発音している部分も多々ありますし、T以外の子音が弱くなっている部分も多々ありました。

とはいえ再度言いますが、全体的にハッキリした発音だと思います。

広告

たまに裏声入り・裏声終わり

言葉の頭を発声する際に裏声→地声と瞬時に切り替える歌い方をしたり、語尾の締めを一瞬だけ裏声に切り替えたりする技を使われています。

要はB’zの稲葉さんが多用してるヒーカップやらなんやらです。

とはいえ西川さんはこの技をたまにしか使っていないですし、入れどころに共通点が見当たらないため、使うタイミングが難しいかと思います。

西川さんの歌を完コピしたい場合は、音源を聴いて該当箇所を確認しましょう。

個人的には自分の入れたいタイミングで良いと思いますけども。

広告

 

鳴き声のようなシャウト

 

LOVE SAVER前後でシャウトしていますね。

まるで動物の鳴き声のような。

声帯をやや閉めて喉仏を若干下げながら仮声帯を閉めると、このようなシャウトになるかと思います。

イマイチできないという場合は、ちびまる子ちゃんの山田のものまねをしてみましょう。

山田発声から少し喉仏を下げれば、近しいシャウトができます。

 

まとめ

 

・呼気のスピード速め&量多め

・喉仏の位置は中央をキープ

・全体的に歯切れの良さを意識する

・ハッキリした発音を心掛ける

・ちびまる子ちゃん山田+喉仏ちょい下げ→シャウト