甲本ヒロトの発声 | 発声の分析

甲本ヒロトの発声

有名人から一般人、少年から大人まで、ありとあらゆる人たちに大きな衝撃と影響と感動を与えたことでしょう、THE BLUE HEARTS(動画はハイロウズだけど)

そんなTHE BLUE HEARTSのボーカルであり、バンドの顔とも言えるのが、甲本ヒロトさん。

ヒロトさんの発声や歌い方を文字にするのはなんとなく野暮ですが、一応書いてみます。

参考 甲本ヒロトWikipedia

 

甲本ヒロトの特徴

 

・エモい声

・崩した歌い方

広告

 

エモい声

 

一言で表すなら、

エモい。

ですかねぇ。。。

パンクバンドのボーカルって大概が「エモい」と言えますが。

 

ヒロトさんの声質は語頭語尾以外の声を聴くと、クリアで音の抜けの良い声のように個人的には感じます。

ほんの少しだけ開鼻させると近しい声になります。

冒頭の「にちよおーおおおーおーびー、よりのししゃーーー」辺りはクリアさが分かりやすいので、ここを繰り返し聴いて声作りをしてみましょう。

あとは口は大きく動かして声を前へ飛ばすように意識すると、なお良いでしょうかね。

 

また、最初の「エモい」に戻りますが、語頭にノイズが乗っている場合が多いので、がなりを入れてエモさを演出しましょう。

フレーズの途中や語尾がノイジーな場合もあります。

そうしたところは仮声帯を閉めてノイズを足すと良いかと思います。

広告

 

崩した歌い方

 

一番はそうでもないですが、二番からはいわゆる崩した歌い方が所々で表れています。

前述しましたが、「正しく歌う」という意識は隅っこに置いて、フレーズや詞、そのときのテンションやノリを前面に押し出して歌うと、崩した歌い方になりやすくなります。

上手いこと崩れない場合は、意図的に後ノリ気味にしたり、フレーズを早口で言いきったり、逆に必要以上に音を伸ばしたりして歌ってみましょう。

こうすることで崩してる感が出ます(たぶん)

 

また、フェードアウトやフェードインなどのダイナミクスの変化や、ビブラートやヒーカップなどの装飾は使わず、どストレートに歌うことを心掛けましょう。

クセでどうしても使ってしまう場合は、上記のような「技は使わない」という意識が必要になりますね。

 

まとめ

 

・ちょい開鼻

・がなりや仮声帯を駆使して「エモさ」を出す

・正しく歌わなくてよい