藤原聡の発声

おふぃしゃるひげだんでぃずむ。

コミックバンドかと思いきや、R&B色の強い実力派バンド。

YouTubeに上がっているファンカムを観ると分かりますが、ライブでも商用音源と同等のクオリティ、またはそれ以上の演奏と歌を披露しています。

参考 Official髭男dismWikipedia

 

藤原聡の特徴

 

・軽やか&ちょいハスキー

・R&Bスタイル

広告

 

軽やか&ちょいハスキー

 

重々しく野太い声というよりは、軽やかで高音までスコーンと出ていく声ですね。

なので、喉仏は下げずに放ったらかしにしましょう。

ただし放ったらかしだと、非常に高い音(ヒゲダンは最高音がhiD前後の曲が多いです)では喉仏が上がり過ぎてしまうので、そうした音域の箇所では喉仏を気持ち下へ引っ張ると良いかと思います。

あとなんとなく少しだけハスキー気味な声のように思います。

語尾で声や息が溢れている様子が多いことから、声帯をしっかり強めに閉鎖している事がうかがえるので、声帯を強く閉めて呼気を少し多めに吐きましょう。

これでハスキーっぽさが出てきます。

 

個人的な感覚ですが、藤原さんの声はワンオクのTakaさんとタイプが近いように感じます。

またはブルーノ・マーズさんのハスキーさを少々薄くした声とも。

藤原さんの声に中々近づけない場合は、Takaさんやブルーノ・マーズさんの声真似をするアプローチでも良いかと思います(2人の声に近づくのも相当難しいでしょうけども)

広告

 

R&Bスタイル

 

楽曲のスタイルによるところも大きいとは思いますが、R&B感溢れる歌い方のように思います。

フレーズやADSRの強弱付け、子音と母音を分けて捉えるリズムの取り方、レガートとスタッカートとノンレガートの組み合わせ、メロではあまり見受けられませんがフェイクにおける音程の揺らぎ、などなど。

これら要素一つ一つについて、これらはなんぞや、どのような方法で可能にしているのか、コツは、と書いていくと文量がものすごいことなりますし、文量が多くなると理解が難しくなります。

(このテーマについてはいずれ別ページでまとめます)

R&B感を手っ取り早く身に付けるために、イヤホンかヘッドフォンを装備しYouTubeでヒゲダンの曲を聴きながら、本人の歌をなぞりましょう。

とはいえかなり難しいと思うので、再生速度を落とすと良いです。

再生速度を落として聴くと、インテンポでは気付きにくい細かなニュアンスが聴きとりやすくなります。

 

まとめ

 

・喉仏は基本放ったらかし

・声帯を強めに閉める&呼気は通常より多めを意識する

・本人の歌をなぞってR&B感を掴む