秦基博の発声 | 発声の分析

秦基博の発声

昔Perfumeのラジオ中に彼の歌が流れた瞬間、Perfumeの三人が「キャー!サイコー!ステキ―!」と叫んでいました。

あのとき私は激しく嫉妬しました(元Perfumeファンクラブ会員)

そんなPerfume三人を落とした声を分析します。

参考 ページタイトルサイト名

 

秦基博の特徴

 

・鋼と硝子でできた声

・高音域で母音が「ア」気味

広告

 

鋼と硝子でできた声

 

低音域において特に息っぽいような、ハスキーなような声ですね。

こうした息っぽさは声帯を強めに閉めて呼気を増やすか、逆に声帯を開いて呼気を増やすことで演出することができますが、語尾に息が溢れていないことから、秦さんの場合は後者の可能性が高いです。

また、軽やかな声をされているので、喉仏を少しだけ上げ気味にすると良いかと思います。

高音では喉仏を下げたり鼻へ響かせたりなど余計なことはせず、呼気の勢いを利用してそのまま前へ飛ばすように発声しましょう。

広告

 

高音域で母音が「ア」気味

 

高音になると全体的に母音が「ア」気味になっていないでしょうか。

口の開き方に注目すると、形が大きく開いた「ア」の状態が多くなり、加えて口を閉じず、舌を動かさず、「ア」の形をキープしているように見受けられます。

1番サビの後半「ひとつ確かなも」や「くら 歩き出せるんだよ」などは分かりやすく、口が「ア」の形になっており、母音も「ア」気味に聴こえます。

また、「ぬくもりだで」は、口をしっかり閉じず舌も動かしていないためか、子音の「k」がしっかり発声できず、発音が崩れている様子がうかがえます。

そのほか

・2番サビ「雨の中を駆けすよ」
→舌の動きが足らず子音の「d」が弱い

・2番サビ「まだ見えないもの
→口の形が「ア」のため母音が「ア」気味

・ラスサビ「もう怖くはないんだ
→口の形が「ア」のため母音が「ア」気味

・ラスサビ「ふりで さぁ行こうよ」
→舌の動きが足らず子音の「t」が弱い

なども分かりやすいです。

細かいところを言えば、全体的に「r」も弱めな気がします。

 

まとめ

 

・声帯を開き気味&呼気を多め

・高音域での発音は「ア」のときの口の形や舌の状態をベースにする