Fukaseの発声

参考 SEKAI NO OWARIWikipedia

 

Fukaseの特徴

 

・爽やかな声
・低音域で息が多め
・ストレートな歌い方

広告

 

爽やかな声

 

爽やかというか明るいというか軽やかというか。

とにかく男臭さや汗臭さ、泥臭さが全くありません。

喉仏は下げないようにしましょう。

映像を見る限り口角は上げ気味で、前歯を見せるような歌い方をしています。

これにより明るい声質になります。

また、とても細かい点ですが、目を見開いている場面が多い気がします。

目をねっとり細めるよりは、開いた方が明るい声になりそうです。

余力がある人は目を明け気味にして歌いましょう。

 

低音域で息が多め

 

主にAメロでの話ですが、音程の低いところでは息っぽい声をしていますね。

「ぼろぼろの思い出と」が分かりやすいです。

声帯を開き気味にして呼気を少し多めにすれば息っぽい声になります。

平たく言えばささやくような歌い方をしましょう。

広告

 

ストレートな歌い方

 

しゃくりやヒーカップ、ビブラートなどの装飾はほぼ使わず、素材そのままな歌い方をされています。

上記動画の『Hey Ho』に限ればサビの最後にがなりを入れていますが。

基本的に『歌う』というより『語る』意識を持った方が良さそうです。

というのも、セカオワの楽曲はストーリー性の強い楽曲が多いからです。

歌い上げるような意識だと聴き手の気が散ってしまい、楽曲が持つストーリー性を受け取りにくくなってしまいます。

なので「私はあくまで語り部だ」という心持ちが大切です。

 

実際のところFukaseさんは、諸々のボーカルテクニックは扱えます。

下の動画でしゃくりやビブラートが聴けます(00:50~)

 

まとめ

 

・喉仏下げず、口角上げ、前歯見せ、目見開く
・低音域ではささやくように
・余計な装飾は付けずに素直に歌う