Chageの発声

チャゲアスで言うと”声が高いサングラス”というイメージがありますが(ASKAさんも十分高い)、同時期にチャゲアスとは別でMULTI MAXというユニットを組んでいました。

チャゲアスの知名度のある曲の多くはASKAさんが作詞作曲した曲ですが、MULTI MAXではChageさんが主に作曲をしており、Chage節を存分に聴くことができます。

MULTI MAXの初リリース曲「SOME DAY」は、その完成度の高さにASKAさんが嫉妬したそうな。

参考 ChageWikipedia

 

Chageの特徴

 

・高く済んだ声

・フォークな歌い方

広告

 

高く澄んだ声

 

一聴して分かりますが、声質の高域成分が強く、抜けの良い澄んだ声質ですね。

地声からしてあの声なので天性のものでしょうな。

 

できるだけ声がくぐもらないよう、喉仏は決して下げないようにしましょう。

むしろ喉仏は上げ気味が良いかもしれません。

喉仏が上がるにつれ勝手に声帯が閉まりやすくなり、結果声が細くなりがちです。

Chageさんは高音域においても低音域~中音域と変わらぬ声の太さを保っているので、高音域においては声帯を閉じ過ぎないよう意識しましょう。

または、声帯の開け具合を音域問わずキープする心持ちで。

広告

 

フォークな歌い方

 

曲全体を通してリズムをタメたり突っ込んだり、音を縮めたり伸ばしたりして自由に歌っているようです。

「歌う」というよりは「歌詞を詠む」「歌詞を語る」感じとも言えます。

このような歌い方は吉田拓郎さんや長渕剛さんなどのような、フォークシンガーによく見られる歌い方のように思います。

チャゲアス自体が元々フォークスタイルだったことと、「NとLの野球帽」自体がフォークテイストなことも要因かとは思いますが。

前述したリズムをタメたり突っ込んだり、音を縮めたり伸ばしたりしてもフォーク感が上手いこと出ない場合は、フォークシンガーのものまねしている人をものまねしてみましょう。

コロッケさんがやっている長渕剛さんのものまねが参考になります。

 

まとめ

 

・喉仏を下げない&声帯を閉め過ぎない

・正確に歌うことは二の次で、自由に歌う