GACKTの発声 | 発声の分析

GACKTの発声

ファイナルファンタジーの世界から飛び出したような方ですよね、GACKTさんて。

書ききれないほど多種多様なことに長けているので天才かと思われがちですが、実は大変な努力家です。

でも天才でしょうけどね。

参考 GACKTWikipedia

GACKTの特徴

 

・低域がしっかり鳴る声

・フォールが多め

・よく使う裏声入りとたまに使う裏声終わり

・女性の声のような裏声

広告

 

低域がしっかり鳴る声

 

GACKTさんの歌声の大きな魅力と言えば、低域成分の多い点ではないでしょうか。

基本的にどの音域においても、低域がしっかり鳴っている印象です。

この印象を与える要因の一つに、低音域の音を出す際はしゃくりを伴わせることにあると思われます。

下記の赤字の部分を注意して聴いてみてください。

「そう俺はめを掴む者 望のためかなをあめる」

該当部分は一連のフレーズの中でも音程が低い方であり、いずれもしゃくりながら発声していないでしょうか。

逆にしゃくっていない部分を改めて聴いてみると、意外と低音ボイス感は感じられない気がします。

なので基本的には喉仏は特段下げず、低音を発声する際にしゃくりを併せるようにしましょう。

また、全体的に鼻声気味かと思われるので、若干閉鼻させると良いかと思います。

「何を犠牲にしても天下を取る」の「何を」が特に分かりやすいです。

広告

 

フォールが多め

 

語尾の処理としてフォールが多いかと思います。

さらに単に音程を下げるだけでなく、下記のように

「そう俺はゆめを掴むもの⤵ぅ 野望のため刀を⤵ぉ赤く染める⤵ぅ

「戦国の世が世であるから何を犠牲にしても天下を取る」

と、フォールの最後にうっすらとですが母音を発音されているので、この点も意識すると良いでしょう。

 

よく使う裏声入りとたまに使う裏声終わり

 

Aメロの段階でもいくつか見られますが、Bメロで特に使われているのが、音の入りに一瞬だけ裏声を混ぜるテクニックです。

「なもかもかりみずに」や「おのれのみじゅくさを知り」などが分かりやすいですね。

裏声入りと対となる裏声終わり(いわゆるヒーカップ)もたまに(サビの「残酷な戦のあ」や「俺たちは敗れたひ」など)使っているようです。

ヒーカップに関しては、曲調が盛り上がっている場面で見受けられるので、ここぞというときに使うと良いかと思います。

広告

女性の声のような裏声

 

GACKTさんの裏声ってすごい綺麗ですよね。

まるで女性の声のようです。

このような裏声は喉仏を上げて、呼気をできるだけ少なくすることによって発声できます。

 

まとめ

 

・低音を発声する際は一緒にしゃくる

・やや閉鼻声に

・フォールの締めに母音を置く

・全体的に瞬音裏声入り+盛り上がりでヒーカップ

・ハイラリ+呼気少なめ→女性の声のような裏声