hyde | Wikipedia


hydeの特徴

  • フェロモンムンムン声
  • うねるピッチ
  • 高音域でのしゃがれ


フェロモンムンムン声

低音域では甘く囁くような声で、高音域になると太さのある男っぽい声になる印象です。

なので甘く囁きたいところでは喉仏を少し上げ気味にし、太さのある男っぽさを出したいところでは喉仏を下げましょう。

瞳の住人で言うとBメロの辺りは音程の高低差が激しいため、その変化が聴き取りやすいです。

また、口を縦に開き気味にする喉仏の下げ方は極力避け、代わりに呼気をたっぷり使って下げるようにしましょう。

映像を観ると分かりますが、hydeさんは各母音の自然な口の形を崩さず発音されています。

こと高音域になると口をより大きく動かしている様子がうかがえます。

”呼気をたっぷり使うと喉仏が下げやすくなる”という理屈は私自身よく分かっていませんが(笑)、実際にやってみると下げやすいですし、hydeさんも下げ気味にしてそうなところでは呼気を多く使っています。

並びに音程が上がるにつれ、フレーズの終わりに呼気が余って溢れている様子が増えていっていることから、声帯も段々と閉まっていっているかと思われます。

これまた呼気を利用することで声帯は閉めやすくなるので、段々と呼気の勢いや量を増やしていきましょう。


うねるピッチ

hydeさん最大の特徴ではないでしょうか。

音と音の繋ぎ同士を滑らかに、別な言い方をすればねっちょりした歌い方です。

結構ねっちょりされているので、ピッチをウネウネさせているような印象でもあります。

繋ぎ方はただ単に繋がず、上の音程へ繋ぐ場合はしゃくりやヒーカップ、下の音程へ繋ぐ場合は瞬音の裏声入りやフォールを使うと良いかと思います。

並びに、しゃくる場合はエッジボイスを使いながらしゃくりましょう。

瞬音の裏声入りとはB’zの稲葉さんがよく使うアレです。


高音域でのしゃがれ

サビの締めのフレーズを聴いてみてください。

ちょっとしゃがれ声になってませんか。

前述した呼気の量を増やすことで声帯が閉まり、隣接する仮声帯もつられて若干閉まるために起きている現象かと思われます。

うまくしゃがれない場合は、意識的にうっすらと仮声帯を閉めましょう。

そんなにガラガラじゃないので、うっすらで良いかと思います。

また基本的にはクリーンに鳴っているので、男らしさや悲痛さや野性味を出したいここぞ!っていうところで仮声帯を使いましょう。


まとめ

  • 音程が上がるにつれ呼気を増やす
  • しゃくりと瞬音裏声入りで音程間を繋ぐ
  • ここぞ!ポイントで仮声帯をうっすら閉める