TAKUYA∞の発声

決してタクヤムゲンダイさんではありません。

小柄で可愛い顔をしていますが、逮捕歴があったりでき婚したりとやんちゃ感溢れる面もあります。

そしてそうした意外と男らしいギャップが彼の魅力でもありますね。

そんなTAKUYA∞さんの発声を分析します。

参考

UVERworldWikipedia

 

TAKUYA∞の特徴

 

・軽やか&息まといボイス

・語尾でメロディーウネウネ

広告

 

軽やか&息まといボイス

 

声質は重くはなく、どちらかと言えば軽やかな方ですね。

なので、喉仏は下げないようにしましょう。

あまりにも上がりそうだったら食い止めるぐらいで。

加えて常に息をまとったような声をされていますね。

ハスキーボイスと言って良いのかな。

語尾に耳を凝らすと息が溢れている場面が多々見られます。

ということで呼気はたっぷり使い、声帯は結構閉めているかと思われます。

ただし声帯にがっつり力を入れてピンと張らずに、ブッと息を吐いてちょっとたわむぐらいの加減にしましょう。

声帯の閉じ具合を固定し過ぎると息が漏れずハスキー感が出ないので、声帯にある程度の”遊び”を作る必要があります。

エッジボイスを出した状態から声帯をちょっと開き、声帯の固定具合をやや強めにし、息をたくさん使って音量を出すと、上記のセッティングに近づきます。

広告

 

語尾でメロディーウネウネ

 

何のことかと言うと「撃ち抜こーーーお⤵お→お⤴お⤵」の部分です。

例として取り上げたアップテンポな曲ではあまり見受けられませんが、スローテンポな曲だと少しでも伸ばすような音があると語尾に細かい音の動きを加えている場合が多々見られます。

例えば語尾が「かー」だとすると、

「かーーーあ⤵あ⤴あ→」

みたいに締めをウネウネさせる場合もあれば、

「かあ⤵あ⤴あ→ーーー」

のように、語尾の頭でウネウネさせる場合もあります。

要はフェイクですね。

語尾に少しでも伸ばす場合があったら、自由にフェイクしましょう。

 

まとめ

 

・声帯の閉鎖強め&息多め

・少しでも伸ばす音があればフェイクをかます