奥井雅美の発声

ステージの上ではセクシー&クールな印象ですが、普段は気さくな関西人。

巷では”アニソン界のゴッド姉ちゃん”と言われています。

ちなみに副業で『JAM Project』という動物園の飼育員もされています。

参考 奥井雅美Wikipedia

 

奥井雅美の特徴

 

・ハリのある声

・シンプルな歌い方

・波が細かいビブラート

広告

 

ハリのある声

 

ロックに合ったハリのある声をされていますね。

声帯は閉じ気味かと思いますが、決してガチガチに力ずくで閉めるわけではなく、声帯の2つのヒダの芯にスーッと力を通してうっすら閉める感じです。

シンプルに言えば声帯に緊張感を持たせる感じですかね。

また、過剰な呼気の使用が見受けられません。

一般的に多くの場合、高音域になると

・呼気の勢いや量が増す

・アタックが遅くなる

などの傾向が出てきます。

呼気の勢いや量が増えると声帯が閉鎖しやすくなりますし、そのためにたくさんの息を使おうと息を溜めることで、アタックが遅くなってしまうためです。

しかし奥井さんの場合上記の傾向が出ていないので、逆説的に言えば

・呼気の勢いや量を安定させる

・アタックのスピードを落とさない

という意識が必要になるかと思います。

呼気が安定することでアタックのスピードも安定しますし、ひいては奥井さんのようなキレのあるロックな声に繋がります。

 

シンプルな歌い方

 

多くのロックボーカリストは歌の味付けが濃いめの人が多いかと思いますが、奥井さんは無駄を排したシンプルな歌い方かと思います。

ヒーカップや諸々のフェイク、がなりやエッジなどの細かい装飾もどちらかと言えば控えめです。

特にリズムに関しては崩したり溜め気味にしたりせず、ジャストに当てていく意識が大事かと思います。

奥井さんは昔からロックがお好きだそうですが、恐らくブルース的な下地の多いハードロックよりも、クラシック的な様式美をベースにしたヘヴィメタルの方がお好みなのかなと歌い方から推測できます。

広告

 

波が細かいビブラート

 

基本的にちりめんビブラートですね。

ただし、サビ前のロングトーンやサビ締めのロングトーンは通常のビブラートかと思われます。

無理に使い分けなくても良いと思いますけどね。

基本的にちりめんビブラートで良いんでないでしょうか。

 

まとめ

 

・声帯に緊張感を持たせる&安定した呼気の供給

・リズムはタイトに

・ビブラートは基本ちりめんに