エッジ・がなり・仮声帯

ノイジーなトーンは歌を演出する上で頻繁に使われます。

具体的に言えば悲壮感や色気、絶叫やパワフルさを表現する上で役に立ちます。

そしてポップスにはもちろんジャズやロック、ブルースやソウルなどあらゆるジャンルの曲で使用されています。

そうしたノイジーなトーンの種類や、どうやってその声を作るのかを述べます。

 

ノイジーなトーンの種類

 

・エッジボイス
・がなり声
・仮声帯声

広告

 

エッジボイス

エッジボイスを使った歌声の例

語頭で聴こえる「ァ゛ア゛」とプチプチ鳴っている声です。

基本的に母音にエッジが付きます。

エロさや苦しみ、悲しみなどを演出する効果があります。

そのためスローテンポな曲やバラードに合いますね。

そのほかビジュアル系のボーカリストが多用している印象です。

 

エッジボイスの出し方

①口を閉じて弱々しく、低い音域でハミング

声量はできるだけ抑えて、呼気のスピードをゆっくりと。

②プチプチと音が鳴ったら口を開ける

「ン゛ーーーーー」→「ァ゛ーーーーー」

 

以上でエッジボイスが出せたかと思います。

声帯を緩く締め切った状態で、息が漏れた状態になるとプチプチが発生します。

このときの声帯の状態をドアで例えると、ドアが閉まった状態だけど指で押すと簡単に開くような状態です。

緩く締めているとはいえ声帯がかなり閉まった状態なので、出口が狭い=音量が稼げない点がデメリットでしょうか。

なので、ライブでドラムドコドコ、ベースブンブン、ギタージャカジャカ、シンセピロピロ鳴りまくった曲でエッジボイスを出しても、ほとんど聴こえません。

 

がなり声

がなり声を使った歌声の例

語頭でたまに聴こえるゴリッとした声です。

YouShok で空が」やサビ頭の「との愛を守る為」など。

がなり声を聴くとパワフルさを感じないでしょうか。

海外ではビヨンセさんやクリスティーナ・アギレラさんなどのディーバ系で、日本だと演歌で散見されます。

 

がなり声の出し方

①口を閉じて「ンンッ」と咳払いをする

咳をしながら『ン』と発音しましょう。

②最初の「ン」を伸ばし語尾の「ンッ」を取る

「ン゛ーーーーーーーーーーー」

③口を開ける

「ア゛ーーーーーーーーーー」

 

以上です。

鼻の下でゴロゴロ鳴る感覚があるかと思います。

まるで水が無い状態でうがいをしている感じですね。

ここぞ!というところで一発かますとキマりますね。

ちなみにこのがなり声ができると、ニャンちゅうやクッキーモンスターのモノマネができるようになります。

広告

 

仮声帯声

仮声帯声を使った歌声の例

歌いだしで聴こえるガラガラ・ガリガリした声です。

クリーントーンとは明らかに違いますね。

仮声帯を使った声は迫力が増すので、ロックに向いています。

嗄れたようにも聴こえるので、枯れた味わいが合うブルースやソウルなども相性が良いかと思います。

ちなみに、仮声帯の操作はシャウトやデスボイスでも活躍するので、仮声帯は汎用性の高い部位です。

 

仮声帯声の出し方

①口を閉じて「ゥウンッ」と咳払いをする

咳をするだけでなく『ウ』を発音しましょう。

②最初の「ゥ」を伸ばし語尾の「ウンッ」を取る

「ゥ゛ーーーーーーーーーーー」

③口を開ける

「ア゛ーーーーーーーーーー」

④声帯を開く

声帯どころか喉全体を開けて、喉仏も抑えつけず解放し、もう「アホアホな顔になってもいいや」ぐらいのつもりで、できるだけリラックスしましょう。

恐らく声質も軽くなるかと思います。

 

以上で仮声帯声が発声できます。

喉の上、または鼻の下あたりを閉じている感覚があるかと思います。

クリーントーン→仮声帯声→クリーントーン→仮声帯声→…と切り替える練習をしましょう。

『息』を残したまま『声』を引いていくと、より音程感の薄く、よりガラガラした声になり、いわゆるデスボイスやシャウトに近くなります。

 

③の状態でもガラガラした声が出ますが、喉が痛くなっていまいます。

下の動画を見てください。

痛みを感じない人もいますが、かといってこの咳声を出し続けると後になって喉に鈍痛が来ます。(私はそのタイプです)

咳声は仮声帯を閉じるのに有効ですが、同時に声帯もびっちり閉じてしまいます。

声帯がびっちり閉じた状態で息を通すと、声帯同士がバチバチと互いに強く当たり、声帯を保護する膜が剥がれていき、剥がれた状態でさらに声帯同士をぶつけあうため、喉が痛くなってしまいます。

風邪をひいて咳やくしゃみ(くしゃみも声帯が強くぶつかり合ってしまうみたいです)を出し過ぎ、喉が痛くなったり、唾を飲み込むと痛みが出たり、声が嗄れたりというような現象があるかと思いますが、同じことかなと。

(以上は個人的な仮説ですが)

そのための④です。

 

ちなみにこの発声はボイスパーカッションの見地では『喉ベース』と言います。

HIKAKINさんが挨拶で使用している声ですね。

なので、「咳声+声帯を開く」をやってもガラガラした声が出ない。

出せても喉が痛い。

という人は喉ベースの出し方を検索してみてください。

 

まとめ

 

・低音ハミング→エッジボイス
・咳+「ン」→がなり声
・咳+「ウ」+声帯開く→仮声帯声

広告